賃貸不動産を考える

赤いアパート

引越しをすることが決まってマイホームを売ろうと考えているのであれば、売るよりも賃貸して副収入を得る形を取りましょう。住宅ローンが残っていても、売却しなければならないというわけではありません。プロパーのローンに換えることができます。お金に余裕があるのであれば、新たなマイホームは改めて住宅ローンを組んでも良いですし、賃貸物件に自分が住めば新たなローン負担は生じません。住んでいたマイホームの所有にこだわる理由は不動産を持っているとその後、何かと便利だからです。賃貸収入が入るというメリットのほかに信用力が付くというメリットもあります。不動産という資産を保有していれば、金融機関からもお金が借りやすくなるのです。

賃貸をするにしても空室が心配と考える人も少なからずいます。しかし、現在、不動産会社は賃貸管理に力を入れており、競うように入居率を高めようと必死です。そのため、仮に空室が生じたとしても、よっぽど不便な賃貸物件でない限り、あまり時間をかけずに入居者を見つかることが期待できます。また、ファミリータイプのマンションや戸建ての場合、ワンルームマンション等の一人暮らし向け物件よりも、賃貸期間が比較的長いです。マイホームを売却するにしても不動産会社へ支払う仲介手数料や登記費用など様々なコストがかかります。もしも、引っ越す前のマイホームにおけるローンが完済できれば、賃貸収入がそのまま自分の手元に残り日常生活に余裕も出ます。